二泊三日九州ツーリング
 10月11〜13日   天気 みんなの日ごろの行いが良いので晴れ!  参加 11名
 以前から行こう行こうと話しがあったお泊りツーリング。今回は私が行った事がないので九州は鹿児島・宮崎に決定。
 さてさてどんなツーリングになったのやら!?

 11日
 ETCの早朝割引を使おうと世羅3時30分、山陽道小谷SA5時集合にする。
 世羅のセブンに集まったのは5名。4時までに高速に乗るべく出発する。先ほどまで雨が降ってたため霧も無く走りやすい。
 程なく高速に乗り、4時過ぎには小谷SAに到着。すでに御調の国さんは来ていた。4時半過ぎ今治組が到着。
 あれっ、2人のはずが一人多い3人いる。ちょっとまてよ、予約は今治組2人と思って10人しかいれてないど=!
 しかしここは冷静を装い、あ〜来れたんじゃね、一人増えたか、まぁ〜誰かじゃんけんで負けた者が野宿じゃねー!と、
 冗談を飛ばしながら冷や汗たらたら。
 途中でJTBのM君に「すまん、一人増えた、何とかしてくれ」と電話をいれ、ご無理を言って何とかしてもらった。
 ありがとー!M君!!
 とりあえず難問解決。5時には全員揃い、11名による珍道中の始り始まり。
 真っ暗の中小谷を出発、徐々に夜が空けて8時過ぎには関門海峡に到着。
 ここで小休止をとりいよいよ九州に上陸。
 途中熊本のSAで昼食をとり、終点鹿児島のICに着いたのは3時過ぎ。時間も早いんで池田湖・開聞岳に寄り、
 今夜の宿泊地指宿に到着したのは夕方5時過ぎ。とりあえず夕食の時間を7時からと決め、
 それまでは温泉に入ったりの自由行動にする。
 我々の部屋のIさんとM君と3人で名物の砂蒸し温泉に入りにいく。
 すでにとなりの部屋のNさんとKさんが死人のように首から上をだしてはいっていた。
 早速温泉着のまるで少林寺の修行僧のような衣装に着替えはしゃぎながら砂の上にねっころがる、
 と間もなくおじさんおばさんが寄ってきて体の上に砂をかけてくれる。10〜15分我慢せーと言うんでねっころがってたが、
 さすがに10分過ぎた頃から実は出たくてしょうがなかった。しかし隣のMもIも気持ち良さそうにしてたんで
 とりあえず2人に付き合った。
 さあ箔ツーリングのひとつのお楽しみ宴会だ!!
 乾杯とともに宴会モードに突入!初めての者同士も徐々に打ち解けていく。盛り上がったときに1次会終了。
 ほとんど寝ずに夜中に集まって、700KM以上走って来て、まだ2日も残してるんだから寝りゃーいいのに
 そんなことで挫けるぼくたちじゃあない。「よっしゃーカラオケ行こうで」の掛け声と共にカラオケタ〜イム。
 おおいに盛り上がり小腹の空いた僕たちはラーメン屋を求めて指宿の街に繰り出すのであった。
 しかし、恐ろしいほど何もない街で、かろうじて1軒あったラーメン屋はおおはやり、しかたなく訳の判らん店に入るも、
 ラーメンは無く、しょうがないのでちゃんぽんと高菜チャーハンを頼み空腹を満たしたのであった。
AM3時30分集合です
関門海峡
鹿児島終点です
池田湖より開聞岳を望む
池田湖にて休憩中
砂蒸し温泉に入ってるNさんとKさん
宴会盛り上がってます
二次会はやっぱりカラオケだー!
カラオケだ〜〜
指宿唯一のラーメン屋
 12日
 本日の宿は大分市内、果たしてたどり着けるんだろうか。
 8時過ぎホテルを出発。腹が減ってないのに思いっきり朝食バイキングを食ったもんだから少々胃がもたれる。
 右に錦江湾を望みながら走る。天気は快晴、今日も暑くなりそうだ。
 9時過ぎ桜島フェリー乗り場に到着。初めての桜島、もう少し感動するかと思ったがそうでもない、
 かすんではっきり見えないし、しょうしょう胃も重たい。
 桜島のSAで休憩後、鹿屋市を抜けて大崎の道の駅で昼食。予定よりかなり遅れている。
 その後都井岬により野生の馬を見、大分の宿を目指して宮崎の海岸端をひた走る。
 この道がけっこう長い、やっとの思い出今夜の宿泊地大分センチュリーホテルに着いたのは午後10時。
 夕食は着いてないのでみんなで食事に出かける。ほどなく在った居酒屋風のところに入ったが失敗だった。
 ほとんどのものが疲れてそのまま宿に帰って寝たが、数名は元気よく今夜もお出かけしたらしい。
桜島、今日も噴火してます
都井岬にて(逆光だったので暗く写ってしまいました)
桜島フェリー乗り場にて
時間は夜9時、あまりの寒さに休憩中。
 13日
 今日もいい天気、暑くなるぞ!
 今日は湯布院・九重から阿蘇山に行く予定。
 まずは九重夢の大吊り橋をめざす。さすがに連休中、やたらと車が多い。しかしこんなときこそバイクの本領発揮。
 横をスイスイ通り抜け、渋滞関係なく大吊り橋に到着。さすがにわたる気にはならんかったので記念写真を撮影。
 ここで、前日分かれて長崎方面に行っていたKさんから電話がはいり、阿蘇の大観峰で待ちあわせをしようと言うことになり、
 大観峰めざして出発。
 天気も良く、増してや連休中で時期も良しでバイクも車もやたらと多い。大観峰の駐車場も超満杯状態。
 ここで集合写真をとり、とりあえず腹減ったんでメシでも食おうとしゅっぱつしたのはいいが、
 どこも満杯状態で、11名といったらどこもお断りされる始末で、やっとこさ食事にありつけたのは午後2時頃のこと。
 このちょっと前、Yちゃんが信号で離れてみんなとはぐれ、単独で自宅を目指すことになってしまい、四国組の連れの二人も、
 恐らくフェリー乗り場に行くだろうからと、Yちゃんと合流するべく別府目指してお別れとなった。
 残り8名は竹田津港からフェリーで帰るため、竹田津港を目指す。
 竹田津4時頃到着。ここで別のメンバーと同じく2泊3日で九州に来ていた、皆さんご存知「ハッスル松本」とバッタリ遭遇。
 8時前徳山港に到着。このちょっと前阿蘇で離れ離れになっていたYちゃんから、「今、家に着いた、けんさんらぁいまどこ」と
 電話があり、まだフェリーの中よっていったら「何時に帰るん」って大笑い
 山陽道に乗り、宮島のSAで夕食をとり、「お疲れでした、とりあえずここで解散します」と、ここからは各自のペースで
 各自宅を目指すことにした。
大吊り橋にて
大吊り橋にて、その2
大吊り橋にて、その3
大観峰にて
今回のツーリング参加者です
竹田津フェリー乗り場にてみなさんおなじみハッスル松本と遭遇
 久しぶりの箔ツーリング。
 ちょっと日程がきつかったかも知れませんが、無事行って帰ることができました。
 集合したとき11人いた時にはちょっとあせりましたが、それ以外はうちのツーリングにしては珍しく何も無く、
 これもひとえにみなさんのご協力があったから・・・。

 特にほとんどの行程で先頭を走ってみんなを引っ張ってくれたIさんには感謝します。
 帰りのフェリーの中では、次はどこへ行こうか!何時行こうか!なんて話も出ていて、
 ほんとうに皆さんが楽しんでくれたんだなぁと思いうれしくなりました。
 来年も行きます!!それまでエネルギーためといてください。ありがとー!!
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.