JEC&マルシンカップオンタイムエンデューロ
 2月27日 JEC&マルシンカップオンタイムエンデューロ in タカタオフロードパーク 天気 晴れのち曇り

 ヤスくん、ヒラノマンとタカタであったオンタイムEDに参加してきました。練習を兼ねて3時間B−1クラスに
 エントリーしました。
 オンタイムエンデューロとは??誰もよくわからない中、とりあえず出てみようや!の乗りでエントリー。
ヤスくんCRF250R,ヒラノマンCRF150R、けんさんKTM125EXCです。
 今回第一回目と言うことで、JECのスタッフの方や普段JECのオンタイムEDに出ている池田選手や吉川選手・内山裕太郎選手、
 それにモトクロスからは田中タカセ・北居よしき・桑がき選手等が参加、大変にぎやかな大会になりました。

 12時より3時間クラスがスタート。といっても、いつも出ているEDの一列に並んで一斉にスタートするのとは違います。
 一台ずつ、数十秒間隔でスタートです!

 オンタイムエンデューロと言うのは、移動区間と順位に関係するタイムアタック(SS)区間に分かれてるようです。
 あらかじめ決められた週回数を、例えば3時間の内にクリアーし、その内でSSの合計タイムの早い人から順位が付きます。
 当然タイムが早ければ休憩したり、マシンの整備があり、通常のスプリントEDではパンクしたり、
 マシントラブルがあった場合には大きなタイムロスになりますが、このオンタイムEDでは余裕タイムがあればそういった
 整備也をする時間があり、うまくいけばタイムロスには繋がらないことになります。

 最初は訳判らず、リエゾン区間もいつものEDのように全開で走ってたんですが・・・
 よ〜く考えたらこの区間は順位に関係する区間じゃなく、
 規定時間内に走りきれる範囲で走ってればいいんだと気付きそれからは余裕を持って走れるようになりました。

 今回のコース設定は、雨天を予想してゆるめに設定してあったみたいで、割りと余裕がありましたが
 今日のような雨になれば、かなりきつめのレースになったかも知れませんね!
 走ってみて何となく感じがつかめてきました。何回か出て、慣れてくるとこのオンタイムEDはおもしろいと思いますよ!!

 ヤスくん・ヒラノマン・けんさんの3名は無事完走!!
 ヒラノマン順位は芳しくなかったですが、いい体験のできた大変楽しいレースでした。

 普段一緒に走ることが無いライダーと走れたことも楽しかったです。
B−1クラス表彰
A−1クラス表彰
ゲスト参加の内山・吉川選手と右端はダジャレ・オヤジギャグ大好きのオレンジピット広島店長のF氏です
Report & Photo by kensan
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.