JNCC R-5 アルバトロス富山 北陸大会
  遠征してきました!10月4日(日) 天候:快晴 JNCC R-5 アルバトロス富山 北陸大会です。
 ワンダーランド本隊からは、Fun-Bにgakuさん、Fun-Cには☆と新人ワッキー、サポート隊としておかちゃん、
 続いて、関東支部からは、R4爺ヶ岳のゴロゴロガレ場の雪辱を誓い、秘密兵器『ほたるいか万歳号(XR230改)』を
 実戦投入するmolly2の計5名。
 隊長のけんさんは残念ながら不参加となりましたが、遠征隊の士気は十分です!
 先ずは、JNCC遠征隊のお約束となりつつある前夜の宴、もといミーティングから。
 ヌルッとした温泉を楽しんでから、ビールで『乾杯!!』。『んー、うまい!!』。
 molly2持参のホタルイカ活け漬けも食しながら日本酒も進みます。
 結局、コース攻略の話は一切出ないまま、身の上話で盛り上がり、富山の夜は更けていきました・・・。
  レース当日、富山は快晴。エントリー選手240人のボルテージも上がります。
 ここでコース紹介。会場のコスモスポーツランドは、モトクロスコースに勝光山の林道を組み合わせたようなイメージかな。
 特記すべきは、それに追加される延々と続くウッズ!! 到る所に罠が仕掛けられた深いワダチが、
 鬱蒼としたウッズの中を縦横に走り回り、ライダーを待ち構えています。
 前日の下見では、直前までの雨の影響もあり、とても走破できるように思えず・・・。
 このウッズ、Funクラスはショートカットされていましたが、間違いなく修羅場です。来年、参加される方は、是非とも、
 Compクラスに挑戦、このウッズに挑むことをお勧めします。
  さて、エンジン暖機、ライダーズミーティングと進み、いよいよFunクラスのスタート。
 日章旗が振られ、Fun-SA&Bからスタート!gakuさんが飛び出して、1コーナへ消えていく。
 ドンガメ3人組のFun-Cもスタート。直後の混乱には巻き込まれず、モトクロスコースから、いよいよ山の中へ。
 朝日が差し込む木立の中を3速全開で駆け上がる。つづいてガレ場の下り、開けた山頂近くの林道を抜け、
 ウッズのヌタ場とそれに続くガレの登り。
 セクションは少ないものの、所々でスタックや押しも入り、メリハリのあるコースで、これぞエンデューロ!って感じ。
 途中、先頭にラップされると、第2先頭集団にgakuさん発見。『頑張ってー!』と大声を掛ける。
 さらに走り続けると、今度は木の根でリアが振られ、ハイスピードのまま、真横になって吹っ飛ぶ。
 後ろのCRF-Xが『大丈夫??』って声を掛けてくれた。スンマセン、大丈夫じゃないんですけど・・・。
 そんなこんなで、体力の限界も近くなったころ、待望のゴール! フィニッシャーズロードでは多くの観客がハイタッチで
 迎えてくれました。前夜のビール以上の快感。やめられませんなー。
 選手、それぞれ反省も多かったレースですが、快晴の秋空の下、いい思い出が出来たんじゃないかと。
 んん?? 若干1名、大きく反省している人物が・・・。大丈夫、彼は必ず復活してくれるでしょう!
 では、参加の皆様、お疲れ様でした!
 JNCC最終戦チーズナッツパーク猪苗代大会はさすがに参加できないですけど、来期、初開催となる阿蘇大会には、
 ワンダー全員揃って行きましょう!!
んん?? 若干1名、大きく反省している人物が・・・。
大丈夫、彼は必ず復活してくれるでしょう!
Report by ☆ & Photo By おかちゃん
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.