モタード中・四国エリア最終戦 (TSタカタ )
 10月19日  モタード中・四国エリア最終戦  TSタカタサーキット  天気 晴れ  湿度68%

 早いものでモタードエリア戦も最終戦を迎える。最後と言うことで、
 MOTO-4クラスで、ワンダー今治ドラゴン軍団とワンダー吉野家お祭り軍団で5対5の焼肉対決をやろうということになった。
 のだが・・・。
 ドラゴン軍団は5人以上集まったのだが、相手のお祭り軍団が当日仕事とか用事が在るとかで3人しか集まらなかった。
 そんで折角盛り上がったところで大変申し訳ないのだが、次回11月23日のモタ・カートに持ち越しとさせていただいた。
 今回対決していたらドラゴン軍の圧勝になっていただろう。くわばらくわばら!
 さて気を取り直してMOTO-4クラス。
 今回のエントリーライダー、ドラゴン山本・そめい吉野家・デッケード村ピー・ハングオン原・ボンボ〜ン高橋・
 ディギーUS改めホルスタイン・まいたけ君・村上トシボー・けんさん・のワンダーランド軍と、
 それに果敢に挑むミニモトワークスのあやや!
 公式練習で調子のいいのはそめい吉野家とデッケード村ピー・ハングオン原。ランキングトップのドラゴン山本は、
 前回8月10日のモタカートでの骨折の影響で左手がしびれ、思うように走れずピットアウト。ホルスタインも眠たい!??ので
 ピットアウト。
 しかし、次にタイムアタックではドラゴンはリタイアしたものの、眠れる牛!いや、ねむれる獅子#29ホルスタインは
 好タイムを連発、トップにはなれなかったものの、4番手をGETする。
 決勝ヒート
 予選ヒートでトップにたったドラゴン山本が好サタートを切り、トップを快走!
 2番手はソメイ吉野家とデッケード村ピーの争い。以下ハングオン原、あやや、ホルスタイン、と続く。
 クラッチ不調で半クラの使えないけんさんは、タイムアタック終了後、もーリタイヤするつもりで着替えていたのだが、
 ボンボ〜ン高橋の「けんさんもー終わり?今までけんさんに負けたこと無い」の一言に発奮し、
 再度着替えてボンボ〜ンjに勝つだけのために走ると誓うのであった。
 案の定、半クラが使えずエンスト2回繰り返し最後尾スタートとなったけんさん。ボンボ〜ン倒すべく全開で追っかける。
 スタート1週目、やさしいボンボ〜ンは第1ダートで転倒して待っててくれた!?
 あまりのうれしさに後ろから思いっきり突っ込んで引いていってやろうかと思ったのだが、
 まぁそれもかわいそうと大人のけんさんは考え、静かに横をすり抜けた。んじゃおもしろくないんでー、
 すり抜けざまにちょっと腰を浮かし、「屁」をかまして抜いたやった!
 下位でこんなつまらんことをしている間にもレースは進んで行き,終始トップを走っていたドラゴンがそのままチェッカーを受け、
 いつ吉野家に、突っ込もうかとタイミングを計っていた村ピーが、結局タイミングをいっし3位でチェッカー、
 吉野家めでたく2位でチェッカー。。4位ハングオン原で5位にはなんと一人でワンダーランドのワンメイクレースに
 殴りこんできた、ミニモトワークスのあややが入った。
 MOTO-3クラスにエントリーのドラゴン山本は、公式練習走行中に左手がしびれ、ハンドル持つのもむずかしいので
 無念のリタイアとなる。
 レース終了後MOTO−4クラスの年間表彰があり、みごとドラゴン山本がチャンプを獲得!
 2位ソメイ吉野家、3位デッケード村ピー。
 けんさん残念ながら今シーズンNOポイント。来年に向けて気合が入るのである!とりあえずボンボ〜ンには勝ちたいなー!!
とし坊でーす
ハングオン原とけんさん
借り物APEで走るまいたけ君
ボンボ〜ン高橋でーす
MOTO−3のドラゴン山本
ちょいとお眠のホルさんです
ドラゴンジュニア
MOTO−4クラス表彰式。左からソメイ吉野屋・ドラゴン山本・ちっちぇーど村ピー・ハングオン原・あやや
シャンパンファイトMOTO−4
シャンパンファイトMOTO−4年間表彰
じゃんけん大会でみごとマンボーをGETしたハングオン原
   
 みんな、今年1年MOTO−4クラスを盛り上げてくれてありがとう!
 みんながエントリーしてくれたおかげでこのクラスは成り立ち、楽しむことができました。
 レースなので勝つことも大切でしょうが、、このMOTO−4クラスはそれ以外の何かがある様な気がします。
 これからも和気あいあいと楽しみましょう!!
 最後はいつもの「ありがとー!!」

 次回モタカートは焼肉対決決行します。
Report & Photo by Kensan
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.