モタード中・四国エリア第2戦(TSタカタ )
 5月18日  モタード中・四国エリア第2戦  タカタサーキット

 晴天に恵まれたここタカタサーキットでモタードエリア第2戦は行われた。
 今回MOTO4クラスにはハッスル松本・ディギーUS・ブロッコリー・ドラゴン山本・ソメイ吉野の5名がエントリー。
MOTO3クラスにはモリモリとセカンドグリッド&オグショーDCMXからエントリーのカースケの2名がエントリー。

 MOTO4クラス
 我がチームの5名に、ウズシオのカメちゃんとモトワークスのアヤヤ選手を加えた7名での戦い。
 ちょっとエントリー台数が少ない気もするが、そんなのカンケーネー!!とばかりにトップを狙ってタイムアタックを繰り広げる。
 あいかわらず絶好調の#25ドラゴン山本!ベストラップをたたき出す。きょうはカメちゃんも酒井ちゃんから借りてきた
 マフラーがいいのかみょーに調子がいいぞ!
 ディギーもソメイもハッスル好タイムを出す中、#86ブロッコリーのタイムが伸びない。いまいちセッテイングが出てない様だ。

 決勝ヒート
 スタートで大波乱!!予選トップの#25ドラゴン山本がまさかのスタートミス。
 最下位でのスタートとなる。しかしこれでレースがおもしろくなるぞとみんなが思ったのもつかの間、
 3周目にはトップに躍り出る。
 ホールショットを取ったのは#29ディギーUS!ロケットスタートがみごとに決まってトップを快走する。
 2番手はツルカメ長寿会のハッスル松本だ。きょうもハッスル、ハッスル松本、調子はイイゾ!!(嫁さん募集中!!)
 3番手はソメイ吉野だ。昨晩の宴会で肝臓を腫らしながらの快走だ。
 久しぶりにトップに立ったディギー、第3コーナーの進入で大きく膨らみそのスキに3台にごぼう抜きされ5位に転落。
 3周目にトップに立ったドラゴンは、2位以下を大きく引き離してトップを快走。
 もはや注目は2・3位争い!!

 途中順位はトップはドラゴン山本、2番手ソメイ吉野、3番手ウズシオカメちゃん、4番手ハッスル松本、5番手ディギーUS.
 6番モトワのアヤヤ、ブロッコリーは決勝エンジン不調によるリタイヤだ。
 ラスト2周。ここでドラマは起こった!
 3位を争うカメちゃんとハッスル松本とディギーUS。なんと第3ダートの入り口で3番手を行くカメちゃんが転倒、
 これにハッスル松本が突っ込んで転倒。さらにはディギーUSまでもが突っ込んで転倒
 ギャラリー大笑いの転倒劇である。しかしここで漁夫の利を得たのは6位をたんたんと走っていたモトワのアヤヤ!
 スルスルっと3台を抜いてお見事3位に浮上。そのままチェッカーを受ける。
 もはや興味は3台のうち誰が早く出てくるか?ディギーが出そうになるがどうもあずっている。
 いち早くでたのはツルカメ長寿会のハッスル松本、やはりだてに年はくってないぞ!
 残念ながらディギーと、今回の面白劇の張本人のカメちゃんはリタイヤとなる。

 MOTO−3
 ここタカタサーキットではやはり250CCが有利なのか!?
 第1戦トップのカースケをはじめ、スワレーシングのスワッチ、ワンダーランドのモリモリのCRF150R軍団が果敢に
 アタックするもトップを奪うことができない。

 予選ヒート
 ここ一発気合の入ったスタートをくらましたモリモリ。3番手で第2コーナーに侵入したまでは良かったが、
 後続のライダーと絡まり無念のリタイヤ。
 決勝ヒート
 優勝したのは予選から常にトップを取っていたモトワの将大君!みごと決勝の走りきり今シーズン初優勝!!
 CRF150軍団はカースケとスワッチのデッドヒートは見ものだったが、ちょっとここタカタでは厳しかったか。
 つぎは四国は阿三サーキット。どんな戦いが繰り広げられるのであろうか!!?
MOTO−4クラス表彰式
決勝ヒート爆走中!
トップを快走するドラゴン山本
いまいち調子の出ないブロッコリー
Report & Photo by Kensan
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.