Moto1中国エリア 第1戦 (グリーンパーク弘楽園 )
 4月6日 モタード中・四国エリア第1戦  グリーンパーク弘楽園  天気 晴れ

 雨予想から一転、日本晴れとなり、みなさんお待ちかねのモタード第1戦を迎える事となった。
 今年から新たにできたMOTO-4のクラスには、ディギーU.S、ブロッコリー、クラッシャー#41、ソメイ吉野の
 いつものメンバーと、今年から新たに#25ドラゴン山本と#42Aタローを加えた6名がエントリーする。
 SM-2クラスには、ほとんど広島県人と化した、横浜から出張中のモリモリがエントリー。
 MOTO-3クラスには、地元オグショーDCMX&ワンダーランドよりカースケがエントリー。

 MOTO-4クラス
 このクラスにも、昨年はほとんど無法地帯のように爆音を轟かせて走っていたマシンに、
 94dbの音量規制がかかるようになった。各々消音を試みているようだが、パワーダウンは否めない。
 そんななか、公式練習・タイムアタックと快調に飛ばすのは、今回が初レースの#25ドラゴン山本と、春と言えばこの男、
 そう、ソメイ吉野である。まだこの辺りの桜はつぼみであるが、ソメイ吉野には、是非本日満開となってもらいたいものだ。
 昨年このクラスをにぎやかせたディギーU.S、くらっしゃー#41、ブロッコリーの3名は、音量規制後のセッティングが
 うまくいってないのか、調子が悪そうである。
 決勝ヒート
 ポールポジションのドラゴン山本と2番グリッドのソメイ吉野を抜いてホールショットを取ったのは、
 3番グリッドよりスタートのブロッコリーだ。前の二人を押さえて第1コーナーに突っ込んで行く。
 しかし、間もなくラップタイムで4〜5秒上回るドラゴン山本がブロッコリーをかわし、
 2位以下を大きく引き離して周回を重ねていく。2位争いはブロッコリーとソメイ吉野の戦い。
 ソメイ吉野が後ろから仕掛けるも、なかなかブロッコリーを抜く事ができない。
 4番手争いもし烈だ!URCのカメちゃんをディギーU.S、クラッシャー#41の2台が追っかける。
 そんな中この集団からディギーU.Sが抜け出し、今度はカメちゃんとクラッシャー#41の抜きつ抜かれつの5位争いだ。
 何度かカメちゃんをかわして前に出そうになるクラッシャー#41だが、上が調子悪くて回らないエンジンではすぐに
 抜き返されてしまう。
 結局このクラス、優勝したのはドラゴン山本、2位は春男ソメイ吉野との戦いを制したブロッコリー、
 3位は満開といかなかったソメイ吉野、4位ディギーU.S、5位カメちゃん、6位クラッシャー#41となる。
 もう一人の本日初参加#42Aタローは、転等にもめげずに完走し、今後大いに期待したいライダーである。
PITでくつろぐ面々
えいと君、PWで特訓中!!
余裕!?の、ディギーU.S
新メンバーのA太郎です。よろしく!!
我がチームのライバル、カメちゃんです。
MOTO4クラス、ウイニングランのドラゴン山本
MOTO4初優勝のドラゴン山本
 SM-2/MOTO-3クラス
 この両クラスは混走となる。予選でポールポジションを取ったのは、MOTO−3クラスのカースケだ!
 2番手にはめちゃ速の女性ライダー。3番手にかろうじてSM-2クラスではトップのモリモリが入る。
 決勝ヒート
 スタートにかけるモリモリ、案の定スタートが決まりホールショットを取る。が、間もなくカースケにかわされ、
 めちゃ速女性ライダーとの2位争いとなる。
 しばらく白熱した戦いが続くなか、日ごろ酒ばっかり飲んでる不摂生がたたったのか、ただ単に体力が無いのか、
 それとも・・・、よくわからんが、3位に転落したモリモリは、何度かアタックはしかけてみるものの、
 女性にやさしいモリモリはレディーファーストで2位を譲ってしまい、自身は3位、でも、SM-2クラスではトップでチェッカーを
 受ける。
 MOTO-3クラスはカースケのブッチギリ優勝となる。
 今回モリモリはSM-2で優勝したので、あるいはみんなの視線が痛いので、
 次回からはMOTO-2にエントリーするらしいので、みんなで応援しよう!
MOTO4表彰式
SM2優勝のモリモリ
MOTO3表彰式
Report & Photo by kensan Photo by UG
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.