Moto1中国エリア 第2戦 (TSタカタサーキット )
 5月27日 モタード中国エリア第2戦 タカタサーキット 天気晴れ
 いよいよ迎えたエリア第2戦、場所をタカタサーキットに移しハイスピードな戦いが予想される。
 第1戦の弘楽園に比べ3〜4倍はあろうかと言うここタカタサーキット。ほとんどの者が高速仕様のセッティングを施している。
 そんな中、「1回でいいけぇ優勝したい!!」と、秘密裏にSPパーツを組み込みレスに臨む#29ディギーU.S、
 はたして思惑どうり優勝をもぎ取ることができるのであろうか。
 #23ハッスル松本・#95カメちゃんも次週のモタードオールyスターズをにらんでスペシャルマシーン投入だ!!

 公式予選
 TOPタイムをたたき出したのは#41RYPIKA RT&ワンダーランドよりエントリーのクラッシャー大前。
 絶対自分が最速タイムを出したと思っていた#29ディギーU.Sはこの結果にすこしとまどい、あせりを感じている。

 決勝ヒート
 ホールショットを取ったのは、この日のためにSPマシンを投入し、絶対優勝するんじゃけんと意気込む#29ディギーU.S。
 続いて#41P・Pのクラッシャー大前、#22二日酔いソメイ吉野、#23ハッスル松本・・・。
 トップを追う#41、コーナーでは#29に追いつくものの、
 最終コーナー立ち上がりから第1、第2、第3コーナーにかけてはどうしてもマシンのパワーの差が出てしまい
 引き離されてしまう。トップのディギーにくらいついてはみるものの、結局抜くことはできず2位でチェッカーを受ける。
 以下。#22二日酔いソメイ吉野、4位には坂井原長寿会の期待を一身に受けた#23ハッスル松本が入り、
 5位はRedClubうず潮RCの小川選手、今日のためにスペシャルマシンを投入した#95カメちゃんは、
 いまいちストレートの伸びが悪く苦戦して6位、
 元気もの#21ブロッコリーは今回は見せる走りに徹して7位、次週のオールスターズに雪辱をきすのであった。
 各自次週のMOTO1オールスターズに向けて課題がみつかったみたいで、早速SPパーツの注文が舞い込んだのである。
 次週のMOTO1オールスターズでの戦いが大いに楽しみである。

MOTO2クラス (たまお高橋  クラス12位  次週に期待したい)
MOTO3クラス (ディギーU.S  クラス4位  EMOとのWエントリーはさすがにきついか!)
 詳しくはmoto1cyu59のHPでご確認を。

 その他の写真はこちらから御覧になれます。
 
Report by kensan Photo by ikeuchi@bikebros
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.