JNCC第1戦 (パンゲア淡路 )
 JNCC第1戦  パンゲア淡路   3月22日   天気 土曜日快晴 のち未明からレース当日にかけて暴風雨

 いよいよ始りました!何ヶ月も前からこの日を待ちわびていました。
 FUN GP Bクラスにマーガレット静明・ブロッコリーてつ・けんさん。Cクラスにもも組☆・ハッスル松本
 Dクラスに運ちゃん大久保前夜祭の部にソメイ吉野
 COMP GPクラスにヤス君・カタリーナ英明・県北のヒゲおやじの計10名がエントリー。 

 今回は3連休の者が多く、金曜日から家族旅行を兼ねて参加の者もいる。
 土曜日現地入り口で合流し会場入りとなる。3時過ぎに入ったのだがすでにピットエリアは満杯状態。
 さすが700台を越えるエントリーがあっただけのことはある。

 PITの設営も無事終わり、後は明日の本番を待つばかり。まずはビールで乾杯だー!
 日もくれて本日のお楽しみ前夜祭!!これだけの為に参加したソメイ吉野に気合が入る。
 しかし・・・どうも盛り上がってる雰囲気が伝わってこない。
 様子見に☆くんとソメイ吉野が会場に行ってみたが、10人くらいがいるだけでぜんぜんお祭りモードじゃないと帰ってきた。
 まぁーそのうち盛り上がるよ!と待ってはいたが・・・う〜ん、静かだ。
 すっかり意気消沈のソメイ吉野は「暗い・暗い・暗すぎる、わざわざ仕事休んできたのに、なに=これ==!!」と
 すっかりふてくされ早々と眠りについてしまう。

 夜半から風が強まり、夜中の3時ころからは雨も降り出し、レース当日はマディーのコンディションとなる。

 FUN GP クラス
 9時のスタートに向けてぞくぞくとスタートエリアに集合するライダー。
 さすが数百台のスタートと言う事になればなかなか時間どうりには進まないのだろうか!?
 スタートエリアで数十分待ったのち、やっとローリングスタートでレースがはじまる。
 4KM先の山の上辺りで日章旗が降られていよいよレーススタート!!

 今回急きょKTM125SXでの参戦となり、マシンにも慣れず、ましてや慣らしすらも満足に終わってないのに
 「いったいどーなることやら」となかば自棄気味でのさんせんになったのだが、
 いざ走り出してみると「あれー、乗り易い!おーおー前に行く!!」と、
 スタート前の不安も吹っ飛んで気分はまさに行け行け状態。
 快調に走ってると後ろから4ストのバルバル〜音が聞こえてくる。
 おっWRでも追いかけて来てるんかなー、と思って走っていたとき、ちょっとラインをミスったスキにそのバルバルに抜かれ、
 みるとなんと我がチームのブロッコリーではないか。
 こりゃ負けられんと必死で追いかけ、直線ののぼりでなんとかパワーに任せて抜き返したのである。

 しかし私にはトラウマのガスケツというのがある。
 去年はいずれもラスト1週でのガスケツというのが3回もあったのだ。
 今回も初めてのバイクでどれくらい走るのか判らないので、2周目にガソリン補給のためPIT IN
 その間にブロッコリーに抜き返されてしまったのだ。

 レースもやがて終了し、チームのみんなも無事完走で皆でビールで祝杯を上げたのである!!
PITの設営も完了
スタート前です
ゼッケン609大久保行ってきます!
ブロッコリー行ってきます!
けんさん行ってきます!
ハッスル松本・もも組☆行ってきます!
スタートエリア
FUN GPクラスのローリングスタート
ガソリン給油でPIT IN
ハッスル松本無事完走!
ブロッコリー無事完走
もも組☆無事完走
みんな無事完走です!
 
 COMP GP
 このクラスは上のクラスからの同時スタートとなる。
 さすがに日本のトップライダーが集まるクラスだけに迫力が違う!!
 1週目カタリーナ英明が好位置で帰ってきた。
 レーサーがほとんどの中TTR−250と言う半ば骨董品に近いマシンでのエントリーだ。
 ヒゲおやじもヤス君も調子は良さそうだ。
 ヒゲおやじといえば、KTM200でエントリーしていて、スタートエリアに集合の際「じゃ行ってきます!」と
 エンジンをかけたら・・・クランクケースの合わせから冷却水がダーと漏りだし走行不能。

 いきなりKTM125にゼッケンを張り替えての参戦となる。

 レース途中には雷が鳴り、雨脚も強くなったのもかかわらず3人とも元気よく走り無事完走!
 リザルトはJNCCのHPをご覧になれ
COMP GPクラススタートに向かうヤスとカタリーナ英明
県北のヒゲおやじ
レース終了後のヤス君
ガソリン補給のカタリーナ英明
次回第2戦はテージャスランチまたみんなで遊びに行こうではないか。
Report&Photo by kensan
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.