MiniMoto super ED 第3戦 (弘楽園 )
 10月21日  スーパーED第3戦 0.5時間 天気 晴れ、朝方ちょっと寒い!

 minimto Teamメンバーは私用などで今回2台、総勢子供を含め4台で0.5時間を競う。
 朝方、冷え込み寒いなか、0.5時間クラスは女の子含めて総勢4名、「これで大人が勝ってもねえ」
 と色々と画策したが、後で恥ずかしい事になるので画策した内容はここでは書けない。
 
 練習走行で#14ヤマポンは練習不足か腕の痛みを訴え、#41クラッシャー大前も早々に練習を切り上げ。
 これから30分走行出来るのか?不安を抱えながら・・・。 
 
 本選。
 実力(体力)、マシンからして、二人の戦いに終始するはずが、
 スタート前指1本立てる#14番ヤマポンと対象的に直前#41クラッシャー大前はリヤタイヤをの空気圧を調整しはじめる。
 スタート。
 #6の村上選手は飛び出すが、二人は周りを見渡しながら余裕のスタートを切る。
 しかし、フープス手前で二人は1位2位に踊りでて、そのまま二人の戦いが始まった。
 ところが、2周目フープスで#41クラッシャー大前が転倒、#14ヤマポンが独走かに見えたが、3周め#14ヤマポンが
 スローダウン、#41クラッシャー大前がすぐ後に迫るが#41クラッシャー大前は抜かずに付いていく。
 4周目にフィニッシュラインで両者止り、#14ヤマポンはそのままパンクの為、リタイヤ。
 #41クラッシャー大前一人舞台になるかと思われた、その周回で#41クラッシャー大前にも異変が・・・!
 スロー走行のまま1周。やはりパンクでリタイヤ。この間10分たらずで二人ともレースを終える。
 スーパーED第2戦1.5時間 MクラスとKクラスのリポートはこちらから!
Report&Photo by UG
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.