Battle50 第6戦 (グリーンパーク弘楽園 )
 10月22日  スーパーエンデューロ シリーズ第3戦   天気  晴れ
 全日本の興奮も冷め遣らぬうちに迎えたSE第3戦・30分耐久レース。
 いつものおやじ達に加え、チビッコや女性ライダーも加わり総勢17名のにぎやかなレースとなる。

 どのマシンも前々週の全日本のレースに向けて仕上げただけあって、見かけも調子も絶好調!?な様子である。
 マーガレット静明のシェイシェイ1号も全日本でフレームが壊れたそうで、なんと今度はアルミフレームでっせ!
 しかしあくまでも中国製にこだわるところがマーガレットのいいところ、憎めないところである。
 
 さて、現在バトル50のランキングトップのマーガレットと、
 全日本で3位に入りすっかり全国レベルの自信をつけたマックス甲野、
 今回はこの2人の戦いから目が離せない!
 好スタートを切ったのは#49てっちゃん、それにただ今絶好調#96マックス甲野。#マーガレット静明、#14ヤマポン、
 #0ビート友末おやじ、#34ビック寺地、#ネゴシックス宮本・・・
 とそのあとはダンゴ状態で第1コーナーに突っ込んで行く。
 レースも序盤、3周目にさしかかる頃、トップグループを快調にとばしていた#4マーガレット静明号が突然の点火系のトラブル
 によりストップ!そのまま無念のリタイヤとなる。
 レースも中盤にさしかかりマックス甲野とてっちゃんの壮絶なトップ争いが繰り広げられる。
 それを追って3位を快走するのは、#14ヤマ・・・、ん・・・、ヤマ、ヤマポン!そーです#14ヤマポンです!!
 速い!今日のヤマポンは異常に速いぞ!そー言えばヤマポン今日が誕生日って言ってたな。
 さすが気合の入り方が違う。なんでもイチローとおんなじ日だってみんなに自慢してるらしい。
 そういえばヒゲの濃いいところだけは似ているような気がする。
 じつはこの私#53けんさんラテン系も何を隠そうあの伝説のアイドル山口百恵と誕生日がおんなじなんだよ。
 まーそんなことはどーでもいい事で、すっかりヤマポンの話から脱線してしまったんで話をレースに戻そう。
 そんで、4位争いはと言うと#0ビート友末おやじと#34ビック寺地の因縁の対決!なにが因縁かはまったく知らない。
 この方がおもしろそうだからである!この2人のバトルに、今日のために徹夜でスパスパヘッドを組んだ
 #3ネゴシックス宮本が絡んで行く!
 レースも終盤にさしかかり、
 やたらコース上で叫んでいるのがいる。#88クラッシャー大前である。
 レース後分かったことだが、リヤショックが大きく折れ曲がり砕けたらしい。
 さすがクラッシャー大前、やることが違う、あなどれないぞ。

 今回初心に帰ってとTT-R50のストック車で出場した#53けんさんラテン系。
 全身の関節という関節をサスペンション代わりに走行するも、弘楽園のコースは甘くなく、
 途中#新聞屋ゆうちゃんとバトッた時なんざ、負けまいと下りのギャップに全開で突っ込んで行ったはいいものの、
 操縦不能となりあえなくコース脇のネットにつきささったのである。あらためてマルゾッキの偉大さを感じたのである。
 さあいよいよチェッカー!途中トップにでたてっちゃんをラスト1周で#96マックス甲野が抜き返し
 そのままトップでゴ〜ル!2位てっちゃん、3位ヤマポン、4位ビート友末おやじ、5位ビック寺地、6位ネゴシックス宮本と
 チェッカーを受けて行く。
 バトル50のランキング争いも、今回マーガレット静明がリタイヤし、マックス甲野が優勝したことで
 マックス甲野がトップに躍り出て、どうやらこのまま独走しそうな気配である。

 今回から#66河野選手が参戦し、ますますにぎやかになりそうだ!!
 はやくファイティングネームを考えてやらねばと焼酎で脳を麻痺させるけんさんラテン系である。

 スーパーEDの1.5Hと3.0HのPHOTOレポートはこちらから御覧に成れます。
Copyrights WONDER LAND All Rights Reserved.